コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

寺地舟里 てらち しゅうり

1件 の用語解説(寺地舟里の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

寺地舟里 てらち-しゅうり

1809-1875 江戸後期-明治時代の医師,洋学者。
文化6年生まれ。備後(びんご)(広島県)福山藩士。江戸で坪井信道(しんどう)の塾にまなび,緒方洪庵らとまじわる。福山で開業。藩校誠之館洋学科の教授,福山医学校教授兼病院長をつとめ,また蝦夷(えぞ)地東部を調査した。明治8年12月7日死去。67歳。名は豊。字(あざな)は子享。通称は強平。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

寺地舟里の関連キーワード佐野蓬宇奥平鶯居狩野水子柴田游翁清水春道昇斎一景関直吉関白駒堤玄徳徳含

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone