コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

寺地舟里 てらち しゅうり

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

寺地舟里 てらち-しゅうり

1809-1875 江戸後期-明治時代の医師,洋学者。
文化6年生まれ。備後(びんご)(広島県)福山藩士。江戸で坪井信道(しんどう)の塾にまなび,緒方洪庵らとまじわる。福山で開業。藩校誠之館洋学科の教授,福山医学校教授兼病院長をつとめ,また蝦夷(えぞ)地東部を調査した。明治8年12月7日死去。67歳。名は豊。字(あざな)は子享。通称は強平。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

寺地舟里の関連キーワード佐沢太郎小林義直明治時代五十川基

今日のキーワード

明鏡止水

《「荘子」徳充符から》曇りのない鏡と静かな水。なんのわだかまりもなく、澄みきって静かな心の状態をいう。「明鏡止水の心境」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android