コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

寺尾小八郎 てらお こはちろう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

寺尾小八郎 てらお-こはちろう

1834-1894 幕末-明治時代の武士,実業家。
天保(てんぽう)5年生まれ。安芸(あき)広島藩士。坂井虎山(こざん)にまなぶ。勘定所吟味役,用達所詰などを歴任。維新後,士族救済事業につとめ,広島県令千田貞暁(さだあき)の宇品築港に士族授産金3万円をあてた。明治27年8月8日死去。61歳。本姓は田島。通称はほかに生十郎。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

寺尾小八郎の関連キーワード日清戦争史(年表)[各個指定]工芸技術部門レースラー日清戦争レースラー島津源蔵リーケの原理国際オリンピック委員会日清戦争ロシア映画

今日のキーワード

金城湯池

1 《「漢書」蒯通伝から。「湯池」は熱湯をたたえた堀》守りが非常に固く、攻めるのが難しい城。金湯。2 堅固で、他から侵害されにくい勢力範囲。「保守派の金城湯池」...

続きを読む

コトバンク for iPhone