コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

寺島秋介 てらじま あきすけ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

寺島秋介 てらじま-あきすけ

1842-1910 幕末-明治時代の武士,官僚。
天保(てんぽう)13年10月生まれ。寺島忠三郎の兄。東征大総督有栖川宮熾仁(ありすがわのみや-たるひと)親王の副参謀,奥羽鎮撫(ちんぶ)総督府参謀をつとめ,西南戦争で陸軍大尉にすすむ。のち元老院議官。明治24年貴族院議員。明治43年7月30日死去。69歳。周防(すおう)(山口県)出身。名は直方。通称は秀之助。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

寺島秋介の関連キーワード明治時代

今日のキーワード

硫黄山(いおうやま)

標高1317メートルの活火山で、火口は登山者に人気のある韓国(からくに)岳(1700メートル)の登山道沿いにある。硫黄の結晶が鉱山で採れたため、硫黄山と呼ばれるようになったという。直近の噴火は1768...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

寺島秋介の関連情報