コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

寺島忠三郎 てらじま ちゅうざぶろう

2件 の用語解説(寺島忠三郎の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

寺島忠三郎 てらじま-ちゅうざぶろう

1843-1864 幕末の武士。
天保(てんぽう)14年生まれ。寺島秋介(あきすけ)の弟。長門(ながと)(山口県)萩(はぎ)藩士。吉田松陰の門下。京都で久坂玄瑞(くさか-げんずい)らと尊攘(そんじょう)運動に参加,長井雅楽(うた)の暗殺計画や横浜外国公使館焼き打ち事件にくわわる。禁門の変で元治(げんじ)元年7月19日自刃(じじん)した。22歳。名は昌昭。字(あざな)は子大。号は刀山など。変名は児島百之助,中島三郎など。

出典|講談社
デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

朝日日本歴史人物事典の解説

寺島忠三郎

没年:元治1.7.19(1864.8.20)
生年:天保14(1843)
幕末の長州(萩)藩の志士。名は昌昭,字は子大,刀山と号す。長州藩無給通士寺島太次郎の次男として,周防国熊毛郡原村(熊毛町)に生まれる。人となり豪毅,大節あり。吉田松陰に学んで詩文,兵法に優れた。安政5(1858)年,松陰が入獄すると救護,減刑に向けて尽力,その至情は人を感ぜしめた。文久2(1862)年上京して尊王攘夷運動に奔走。翌3年には久坂玄瑞らと連署して,攘夷期限の決定を迫った。元治1(1864)年7月19日禁門の変の際,鷹司邸で諸藩兵に囲まれ玄瑞と共に自刃した。年22。

(三宅紹宣)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
朝日日本歴史人物事典について | 情報

寺島忠三郎の関連キーワード元治寺島忠三郎小森桃塢平田篤胤墓アヘン戦争天保の改革市川三左衛門伊庭八郎ウィンチェスター岸沢式佐(5代)

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone