コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

寺村左膳 てらむら さぜん

2件 の用語解説(寺村左膳の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

寺村左膳 てらむら-さぜん

1834-1896 幕末-明治時代の武士。
天保(てんぽう)5年6月24日生まれ。寺村成相(しげみ)の3男。土佐高知藩士。公武合体論をとなえ,山内豊信(とよしげ)の大政奉還建白副書に後藤象二郎らと署名。鳥羽・伏見の戦いへの参戦に反対し,蟄居(ちっきょ)となる。のち日野春草と名のり山内豊範(とよのり)の家令などをつとめた。明治29年7月27日死去。63歳。名は成範,道成など。

出典|講談社
デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

朝日日本歴史人物事典の解説

寺村左膳

没年:明治29.7.27(1896)
生年:天保5.6.24(1834.7.30)
幕末の土佐(高知)藩重役,旧藩主山内家家令。高知城下に住む中老700石取り寺村主殿の3男。資性温厚,国学に素養あり,公武合体論を持した。前藩主山内容堂(豊信)の側用役から仕置役に進み,慶応3(1867)年10月の土佐藩の大政奉還建白には後藤象二郎,福岡孝弟,神山郡廉らと連署した。4年1月,鳥羽・伏見の戦の報が高知に至るや,左膳は土佐藩の参戦に反対し,板垣退助ら討幕派に厳しく責められ,同年6月除族,安芸郡野根に蟄居した。まもなく赦免され,旧藩主山内家の家令を勤めたのち東京に出たが,晩年は不遇だったようだ。東京で病没。

(福地惇)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
朝日日本歴史人物事典について | 情報

寺村左膳の関連キーワード深刻小説葛飾北斎野村軍記服飾雑誌アヘン戦争図鑑モリス小杉榲邨寺村左膳槙村正直

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone