山内豊範(読み)やまうち とよのり

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

山内豊範 やまうち-とよのり

1846-1886 幕末-明治時代の大名,華族。
弘化(こうか)3年4月15日生まれ。山内豊資(とよすけ)の6男。山内豊信(とよしげ)(容堂)が安政の大獄で隠居したため,安政6年土佐高知藩主山内家16代をつぐ。文久2年勅使大原重徳(しげとみ)を護衛して江戸におもむいた。明治17年侯爵。明治19年7月13日死去。41歳。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

朝日日本歴史人物事典の解説

山内豊範

没年:明治19.7.11(1886)
生年:弘化3.4.17(1846.5.12)
幕末維新期,最後の土佐(高知)藩主(16代)。鵬羊と号す。12代藩主豊資の末子,13代豊煕,14代豊惇は実兄,第15代豊信(容堂)は従兄弟。嘉永1(1848)年,実兄の豊煕,豊惇が相次いで病没,土佐藩存亡の危機に瀕した。南邸山内氏の豊信が豊資の末子豊範を養子にして本家に入り襲封,安政6(1859)年に豊信が安政大獄の厄難に遭い隠居したため,豊範が襲封。文久2(1862)年,朝廷より国事周旋・京都警衛を命じられ,勅使大原重徳の江戸下向を護衛した。明治17年7月華族令により侯爵。

(福地惇)

出典 朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版朝日日本歴史人物事典について 情報

今日のキーワード

大学入試センター試験

国立大学の共通第1次学力試験制度は、1979年度に導入された。入学試験を第1次と第2次とに分け、第1次試験は大学入試センターが共通学力試験を実施。第2次試験は各大学がきめ細かな入学者選抜を行うことを目...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android