コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

寺沢元三郎 てらさわ もとさぶろう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

寺沢元三郎 てらさわ-もとさぶろう

?-1840 江戸時代後期の一揆(いっき)指導者。
天保(てんぽう)9年肥前唐津(からつ)藩(佐賀県)預かり地の松浦郡厳木(きゆうらぎ)村で庄屋の不正をうったえた百姓一揆(松浦幕領一揆)を指揮した。無宿者で農民とともに金毘羅(こんぴら)岳にたてこもり,翌年2月鎮圧され,天保11年獄死した。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

朝日日本歴史人物事典の解説

寺沢元三郎

没年:天保11(1840)
生年:生年不詳
肥前国天領天保9(1838)年一揆の指導者。同年12月23日に農民1900人余が庄屋不正を訴えて厳木村の金毘羅岳に陣取るが,翌年2月,佐賀・唐津藩によって鎮圧される。元三郎は無宿者,取り調べの過程で牢死する。<参考文献>「変儀方一件」「訴訟方御用控帳」(『秀島家文書』),『相知町史』上,『厳木町史』,長野暹「天保9年肥前上松浦幕領における農民闘争」(佐々木潤之介編『村方騒動と世直し』下)

(宮崎克則)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版朝日日本歴史人物事典について | 情報

寺沢元三郎の関連キーワードアヘン戦争シュティフターレールモントフアヘン戦争雪華図説イングウィルシュルツェダッドレートルー

今日のキーワード

異常天候早期警戒情報

5日から 8日先を最初の日とする 7日間の平均気温がかなり高い,またはかなり低い確率が 30%以上と見込まれる場合に注意を呼びかけるため気象庁から発表される情報。低温や猛暑が長く続くと,人の活動や農作...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android