コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

金毘羅/金比羅 コンピラ

デジタル大辞泉の解説

こんぴら【金毘羅/金比羅】

《〈梵〉kumbhīraの音写。鰐(わに)の意》インドのガンジス川にすむを神格化した仏教の守護神。魚身で蛇形をし、尾に宝玉を蔵するという。十二神将宮毘羅(くびら)大将、十六善神の禁毘嚕(こんぴら)と同体。航海の安全を守る神とされ、香川県の琴平に祭られている。
金刀比羅宮(ことひらぐう)」の異称。こんぴらさま。
(金毘羅)笙野頼子長編小説。平成16年(2004)刊。翌年、第16回伊藤整文学賞受賞。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

金毘羅/金比羅の関連キーワード京都府京都市東山区松原町琴平町立歴史民俗資料館香川県仲多度郡琴平町岡山県倉敷市下津井kumbhīra愛媛県東温市南方茶屋(岡山県)金毘羅・金比羅志度寺・志渡寺川内(愛媛県)花上野誉石碑臆病の神降し金毘羅大権現金刀比羅宮讃岐一刀彫金毘羅船船金毘羅大将金毘羅信仰弥次・喜多寺沢元三郎