コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

寺田無禅 てらだ むぜん

美術人名辞典の解説

寺田無禅

江戸前期の書家。京都生。名は正忠、通称は石見、号は安楽庵・喝石等。藤木敦直の門に学び、上代様の書法を能くし、近衛公に任えた。また連歌俳諧も巧みにする。元禄4年(1691)歿、112才。(一説に119才)

出典|(株)思文閣美術人名辞典について | 情報

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

寺田無禅 てらだ-むぜん

?-1691 江戸時代前期の書家。
近衛家につかえる。藤木敦直(あつなお)にまなび上代様にすぐれた。連歌,俳諧(はいかい)もたくみで,年齢をとわれたとき「我がとしをいくつになると人とはば七八九十百までの中」と歌でこたえた。元禄(げんろく)4年1月12日死去。享年は119歳,122歳とも。名は正忠。号は安楽庵。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

寺田無禅の関連キーワード近衛家煕

今日のキーワード

気が置けない

遠慮したり気をつかったりする必要がなく、心から打ち解けることができる。「―◦ない間柄」[補説]文化庁が発表した「国語に関する世論調査」で、「その人は気が置けない人ですね」を、「相手に対して気配りや遠慮...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android