コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

上代様 じょうだいよう

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

上代様
じょうだいよう

書における和様式の一つ。平安時代中期に文化が国風化するのに伴い,書も唐様から次第に和様化した。年代的には紀貫之の時代から伏見天皇の時代までの書。漢字,かなともに対象とする。江戸時代から明治にかけて和様書道が尊重されたことから提言された説。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

大辞林 第三版の解説

じょうだいよう【上代様】

平安時代の和様の書の様式。小野道風・藤原佐理・藤原行成などに代表される。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

上代様
じょうだいよう

唐様(からよう)(中国風の書法)に対することばが和様(わよう)であり、わが国独自の書風をさすが、なかでも平安時代に完成された和様を、とくに上代様とよぶ。
 奈良時代から平安初期にかけて影響を受けた中国書法のうち、とりわけ王羲之(おうぎし)の書は温和で品格が高く、平安朝貴族に愛好された。これを基盤として優れた書風を完成した三筆(さんぴつ)(空海、嵯峨(さが)天皇、橘逸勢(たちばなのはやなり))の名筆は、和様確立への橋渡しとなった。894年(寛平6)遣唐使が廃止となり、10世紀に入ると最初の勅撰(ちょくせん)歌集『古今和歌集』をはじめ和風文化がしだいに爛熟(らんじゅく)の度を増し、ついで羲之の再生といわれた小野道風(おののとうふう)の登場をみるころには仮名も完成し、美しい書体で日本語が表記されるようになった。仮名の柔和な書風は和様の確立に寄与し、とくに優美で豊潤な書風を樹立して和様の開祖とされる道風、続く藤原佐理(すけまさ)、藤原行成(ゆきなり)の「三蹟(さんせき)」を中心に、さまざまな上代様の名筆が生まれた。『文選(もんぜん)』『白氏文集(はくしもんじゅう)』をはじめとする中国の典籍や、わが国の勅撰集および藤原公任(きんとう)撰の『和漢朗詠集』などの文学作品、さらに能書の栄誉とされた御願寺(ごがんじ)の扉絵色紙形(しきしがた)、上表文(じょうひょうもん)、願文(がんもん)などもすべてこの上代様が根底となっている。平安朝貴族の美意識の結実した優雅な料紙に花開いた洗練された上代様の書風は、鎌倉以後もつねに規範とされ、さまざまな書流が展開されたのである。[古谷 稔]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

上代様の関連キーワード小野鵞堂・小野鵝堂尊円入道親王相沢 春洋本阿弥光悦小野鵞堂青蓮院流多田親愛尾上柴舟近衛家煕冷泉為恭柏木素竜寺田無禅飯河秋共烏丸光広痴山義亮荒木素白堀江逸風相沢春洋加藤千蔭離洛帖

今日のキーワード

隗より始めよ

《中国の戦国時代、郭隗(かくかい)が燕(えん)の昭王に賢者の求め方を問われて、賢者を招きたければ、まず凡庸な私を重く用いよ、そうすれば自分よりすぐれた人物が自然に集まってくる、と答えたという「戦国策」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android