コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

藤木敦直 ふじき あつなお

2件 の用語解説(藤木敦直の意味・用語解説を検索)

美術人名辞典の解説

藤木敦直

江戸前期の書家・賀茂の祠官。特に空海と三蹟の筆法を慕った。後水尾天皇の叡慮により、書博士の称を賜わり、賀茂流または甲斐流といわれる。門人に荒木素白佐々木志津摩らがいる。従五位上甲斐守に任じられる。慶安2年(1649)歿、68才。

出典|(株)思文閣
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

藤木敦直 ふじき-あつなお

1582-1649 江戸時代前期の書家。
天正(てんしょう)10年京都賀茂(かも)神社の神職の家に生まれる。19歳まで文字がよめなかったが発憤して大師流や三蹟(さんせき)の書をまなび,藤木流(賀茂流,甲斐流ともよぶ)を創始した。後水尾(ごみずのお)天皇から書博士に任じられた。慶安2年1月4日死去。68歳。通称は甲斐。号は正心斎。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

世界大百科事典内の藤木敦直の言及

【書】より

…光悦の覇気に対して流麗な筆致を誇る松花堂昭乗は,最初に大師流を習い,作品のところどころにその片鱗を見せている。 大師流は弘法大師が創始した筆法として江戸初期ころに唱道された流派であるが,松花堂と同時代の藤木敦直が第一人者で,賀茂流とも称して宮廷貴族や文人の間に重用された。この書流は空海の筆跡のすべてを受け継いだものではなく,その一部に見られる特別な筆法の中に神秘的な精神性を見いだし,その故実秘伝が生み出されたのではないかと思われる。…

※「藤木敦直」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

藤木敦直の関連キーワード井出松翠梅村源七大岡孚斎孝以佐々木晦山素松堂寺沢友斎白雲子堀江逸風本目親信

今日のキーワード

大統領補佐官

各種政策の立案その他に関し,側近として大統領に助言する役職だが,実質上はブレーン,顧問として多面的な役割を担う。憲法で定められた唯一の行政責任者である合衆国大統領は,強大な権力を持つにもかかわらず,議...

続きを読む

コトバンク for iPhone