安楽庵(読み)あんらくあん

精選版 日本国語大辞典の解説

あんらく‐あん【安楽庵】

[1] 京都誓願寺の茶室の名。開祖、安楽庵策伝は江戸初期の仮名草子作者、茶人として有名だが、庵号をもって雅号とした。
[2] 〘名〙 (一)に伝わった袈裟裂(けさぎれ)およびそれに類する古金襴(きんらん)。安楽庵策伝の好みによる命名。名物裂として、茶器の袋などに珍重された。中国から渡来の物は、古くは南宋時代、新しくは明代のものである。地色はさまざまで、雲形または菱紋の上に、牡丹、唐草などの模様がある。あんらくあんのきれ。あんらくあんきんらん。
※洒落本・通言総籬(1787)「風帯(ふうたい)一文字はあんらくあんさ」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

国民投票法

正式名称は「日本国憲法の改正手続に関する法律」。平成19年法律第51号。2007年(平成19)5月18日に制定され、施行は3年後の2010年5月18日である。この法律は、日本国憲法第96条に定める日本...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android