コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

寺見機一 てらみ きいち

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

寺見機一 てらみ-きいち

1848-1903 明治時代の外交官,実業家。
嘉永(かえい)元年5月1日生まれ。明治6年ロシアにわたりペテルブルグ大でまなぶ。帰国後外務省にはいりロシア公使館書記官となる。23年北海道庁典獄。のち日本郵船ウラジオストク支店長として対ロシア貿易に尽力した。明治36年10月30日死去。56歳。備前(岡山県)出身。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

寺見機一の関連キーワード明治時代実業家外交官嘉永

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android