寺見機一(読み)てらみ きいち

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

寺見機一 てらみ-きいち

1848-1903 明治時代の外交官,実業家。
嘉永(かえい)元年5月1日生まれ。明治6年ロシアにわたりペテルブルグ大でまなぶ。帰国後外務省にはいりロシア公使館書記官となる。23年北海道庁典獄。のち日本郵船ウラジオストク支店長として対ロシア貿易に尽力した。明治36年10月30日死去。56歳。備前(岡山県)出身。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

アポ電詐欺

《「アポ」は「アポイントメント」の略》電話を使用した振り込め詐欺の一。身内の者になりすまして電話番号が変わったと伝え、再度電話して金銭を要求したり、役所の担当者や銀行員などになりすまして電話をかけ、後...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android