対岳堂箭浦(読み)たいがくどう せんぽ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

対岳堂箭浦 たいがくどう-せんぽ

1837-1906 幕末-明治時代の俳人。
天保(てんぽう)8年生まれ。東京日本橋にすみ,絵の具商事務所の組合長のかたわら俳諧(はいかい)の判者をつとめる。俳画会創立に尽力した。明治39年12月4日死去。70歳。下総(しもうさ)海上(うなかみ)郡(千葉県)出身。本名は小崎由兵衛。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

リベルランド自由共和国

ヨーロッパ南東部のセルビアとクロアチアの国境に位置する、国土7平方キロメートルのミクロ国家。個人と経済の自由を信条として、チェコの経済学者ビト・イェドリチカを中心に2015年より建国が進められてきた。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android