コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

対流混合層 たいりゅうこんごうそうconvective mixed layer

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

対流混合層
たいりゅうこんごうそう
convective mixed layer

地表から 1000m付近までの大気境界層における,対流活動が活発に行なわれる層。地表からの熱供給によって気温や風,水蒸気量などの混合が活発に行なわれているため,大気層内では対流が活発で,風速,温位,混合比等の値がほぼ一様となっている。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

対流混合層の関連キーワード小平奈緒ブレア長島圭一郎吉井小百合ナトリウムと代謝異常テックス再生産過程深地層処分海山堀井学

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android