コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

対角線論法 たいかくせんろんぽうdiagonal method

1件 の用語解説(対角線論法の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

たいかくせんろんぽう【対角線論法 diagonal method】

証明の論法の一種であり,考察している対象を縦横が無限の長さをもつ表に並べてその対角線上に並んだものを利用して議論する方法である。G.カントルによって集合で初めて使われた。〈0<x<1である実数全体の集合Iは非可算である〉ことを示す彼の論法を見てみよう。0<x<1である実数は小数0.a1a2a3……と表せる。x有理数のときは有限小数で表せるが,例えば0.32000……のように後に0が続いていると考える。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone

対角線論法の関連情報