コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

対角線論法 たいかくせんろんぽうdiagonal method

世界大百科事典 第2版の解説

たいかくせんろんぽう【対角線論法 diagonal method】

証明の論法の一種であり,考察している対象を縦横が無限の長さをもつ表に並べてその対角線上に並んだものを利用して議論する方法である。G.カントルによって集合で初めて使われた。〈0<x<1である実数全体の集合Iは非可算である〉ことを示す彼の論法を見てみよう。0<x<1である実数は小数0.a1a2a3……と表せる。x有理数のときは有限小数で表せるが,例えば0.32000……のように後に0が続いていると考える。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

対角線論法の関連キーワードカントル(Georg Cantor)数(すう、数学)濃度(数学)連続体問題可算集合実数

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android