対蹠点(読み)たいせきてん(英語表記)antipodes

翻訳|antipodes

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

対蹠点
たいせきてん
antipodes

地球上の1点と地球の中心を結ぶ直線の延長が,反対側で地球の表面と交わる点。相対する地球表面の2点の緯度絶対値が等しく,北緯南緯が異なり,経度は互いに 180度異なる。北極対蹠点は南極

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

対蹠点
たいせきてん

地球上のある一地点から、地球の中心を通る直線が反対側の地球表面に出た地点のこと。対照点ともいう。一般には地球上の正反対の側の地点をいい、たとえば北極の対蹠点は南極で、その逆もまた成立する。日本の対蹠点は南米のウルグアイの東方海上を中心とし、ブラジル南部およびアルゼンチン東岸の洋上である。[市川正巳]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の対蹠点の言及

【対心点】より

…球において一つの直径の両端となっている2点,すなわち球の中心に関して対称な球面上の2点を互いに他の対心点,または対蹠(たいしよ)点という。Pの対心点をP*で表すとき,球面三角形ABCに対し,球面三角形A*B*C*を対心三角形という(図)。…

※「対蹠点」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

栄典制度

社会に対する功労者の栄誉を表彰するために国法上与えられる特殊な地位に関する制度。大日本帝国憲法時代には,爵,位,勲章および褒章があり,その授与は天皇の大権事項であった(15条)。日本国憲法下にいたって...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android