コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

対蹠点 たいせきてんantipodes

翻訳|antipodes

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

対蹠点
たいせきてん
antipodes

地球上の1点と地球の中心を結ぶ直線の延長が,反対側で地球の表面と交わる点。相対する地球表面の2点の緯度絶対値が等しく,北緯南緯が異なり,経度は互いに 180度異なる。北極対蹠点は南極

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

対蹠点
たいせきてん

地球上のある一地点から、地球の中心を通る直線が反対側の地球表面に出た地点のこと。対照点ともいう。一般には地球上の正反対の側の地点をいい、たとえば北極の対蹠点は南極で、その逆もまた成立する。日本の対蹠点は南米のウルグアイの東方海上を中心とし、ブラジル南部およびアルゼンチン東岸の洋上である。[市川正巳]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内の対蹠点の言及

【対心点】より

…球において一つの直径の両端となっている2点,すなわち球の中心に関して対称な球面上の2点を互いに他の対心点,または対蹠(たいしよ)点という。Pの対心点をP*で表すとき,球面三角形ABCに対し,球面三角形A*B*C*を対心三角形という(図)。…

※「対蹠点」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

対蹠点の関連キーワード天底天頂

今日のキーワード

優曇華

《〈梵〉udumbaraの音写「優曇波羅」の略。霊瑞、希有と訳す》1㋐インドの想像上の植物。三千年に一度その花の咲くときは転輪聖王が出現するという。㋑きわめてまれなことのたとえ。2 クサカゲロウ類が産...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android