コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

対面原 たいめんはら

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

対面原
たいめんはら

福島県中部,郡山盆地の北部,五百川と藤田川に挟まれた台地。郡山市丸守,喜久田,日和田,熱海地区に広がり,面積約 4.5km2。明治初頭まで付近の村落の入会採草地であったが,1879年以降久留米,棚倉,二本松などの旧藩士 100戸あまりが入植。1882年安積疏水通水水田化が進められ,今日でも水田が多い。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

対面原の関連キーワード安積疎水二本松入植棚倉村落

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android