郡山盆地(読み)こおりやまぼんち

日本大百科全書(ニッポニカ)「郡山盆地」の解説

郡山盆地
こおりやまぼんち

福島県中央部、阿武隈川(あぶくまがわ)中流部の盆地。狭義には大名倉(おおなぐら)山以南、牛庭原(うしにわはら)以北に広がる盆地、広義には北方本宮盆地(もとみやぼんち)および南方須賀川盆地(すかがわぼんち)を含めることもある。西は川桁(かわげた)山、額取(ひたいどり)山、東は阿武隈高地に挟まれている。西部には磐梯熱海(ばんだいあたみ)、源田などの温泉を伴う断層がある。東縁は緩く傾いた花崗閃緑(かこうせんりょく)岩からなる阿武隈高原西縁の山麓(さんろく)階を郡山層が被覆している。この郡山層は泥炭も含み、表面近くでも更新世(洪積世)中期の堆積(たいせき)とみられている。この層の上に大槻扇状地(おおつきせんじょうち)が広がったとみられ、五百(ごひゃく)川、逢瀬(おうせ)川、笹原(ささはら)川などはこれらを開析して、対面原、広谷(こうや)原、庚坦(こうたん)原、大槻原、牛庭原などの台地を形成した。中心地は郡山市である。

[安田初雄]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典「郡山盆地」の解説

郡山盆地
こおりやまぼんち

福島県中央部,阿武隈川の中流部にある盆地。西は奥羽山脈,東は阿武隈高地に囲まれる。盆地床は東西約 12km,南北約 15km。北方の本宮盆地,南方の須賀川盆地を含めて郡山盆地と呼ぶこともある。盆地床の大部分は標高 200m以上の洪積台地からなり,古くは村落の入会採草地であった。明治維新後,士族授産の目的で 1882年安積疏水が完成して台地が開拓され,米の産地となったが,入植士族の多くは離し,大部分の土地が小作地となった。開拓面積は第2次世界大戦後の新安積疏水分を含め約 30km2。阿武隈川の氾濫原では野菜を多産。中心市街は郡山市で,今日では都市化が盆地一帯に進んでいる。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

百科事典マイペディア「郡山盆地」の解説

郡山盆地【こおりやまぼんち】

福島県中部,阿武隈川上流の盆地。阿武隈川が盆地東部にせまい氾濫(はんらん)原をつくるが,大部分は洪積台地。安積(あさか)疎水と新安積疎水により灌漑(かんがい)が進み,米作地域をなす。中部を東北本線,東北自動車道,国道4号線が縦貫,中心に郡山市が発達。
→関連項目本宮[市]本宮[町]

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

デジタル大辞泉「郡山盆地」の解説

こおりやま‐ぼんち〔こほりやま‐〕【郡山盆地】

福島県中部、阿武隈川あぶくまがわ中流の盆地。明治15年(1882)猪苗代湖の水を引く安積疎水あさかそすい開通によって農・工業発展

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

世界大百科事典 第2版「郡山盆地」の解説

こおりやまぼんち【郡山盆地】

福島県のほぼ中央,阿武隈川中流部にある盆地。東は阿武隈高地,西は奥羽山脈に属する川桁(かわげた)・額取(ひたいどり)両山地に限られるが,北部は青田原付近で本宮(もとみや)盆地に続き,南部は郡山市と岩瀬村,須賀川市との境界付近で須賀川盆地に移行する。広義には本宮盆地から須賀川盆地までを含めることがある。盆地床は大部分が標高220~300mで,東西,南北とも最大幅16kmに及び,やや南部の広い台形をなしている。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

動員令

〘名〙 旧制で、戦時または事変に際し、在郷軍人を召集する命令。※東京朝日新聞‐明治三七年(1904)二月四日「隠密に本国に於ては数個軍団に動員令を布きたる形跡あり」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android