コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

封建法書 ほうけんほうしょ Libri feudorum[ラテン]

1件 の用語解説(封建法書の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

ほうけんほうしょ【封建法書 Libri feudorum[ラテン]】

封建的主従関係(封建制度)を規律する法(封建法)の諸法源のうちの私的な編纂書。11世紀末から13世紀中ごろまでの間に,北イタリアでしだいに今日の姿に整えられるにいたった。このなかには,神聖ローマ帝国皇帝コンラート2世やロタール3世らの親封臣的な傾向をもつレーン立法のほかに,当時の北イタリアにおける数種の封建法関係の著作が含まれており,13世紀中ごろまでに,それらは改訂され増補され整備されていった。この書に表現される封建法の特徴は,家臣の義務よりは権利が説かれていることで,親封臣的な傾向,すなわち,封建制の遠心的性格が強いことである。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

封建法書の関連キーワード恩給郡県制国際法封建社会傭兵家族法封建主義封建制封建的封建制度

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone