コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

封建法書 ほうけんほうしょLibri feudorum[ラテン]

世界大百科事典 第2版の解説

ほうけんほうしょ【封建法書 Libri feudorum[ラテン]】

封建的主従関係(封建制度)を規律する法(封建法)の諸法源のうちの私的な編纂書。11世紀末から13世紀中ごろまでの間に,北イタリアでしだいに今日の姿に整えられるにいたった。このなかには,神聖ローマ帝国皇帝コンラート2世やロタール3世らの親封臣的な傾向をもつレーン立法のほかに,当時の北イタリアにおける数種の封建法関係の著作が含まれており,13世紀中ごろまでに,それらは改訂され増補され整備されていった。この書に表現される封建法の特徴は,家臣の義務よりは権利が説かれていることで,親封臣的な傾向,すなわち,封建制の遠心的性格が強いことである。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

大義

1 人として守るべき道義。国家・君主への忠義、親への孝行など。「大義に殉じる」2 重要な意義。大切な事柄。「自由平等の大義を説く」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android