コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

専門化 せんもんかspecialization

翻訳|specialization

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

専門化
せんもんか
specialization

分業の結果として生じる機能の純化総称。一つの体系が構造の複雑化のため,異なった2つ以上の部分に分れて機能するとき体系内に起る現象で,自然界人間界を問わず存在する。専門化は,分化あるいは異質化といった分離過程と,これまでと違った新しい高次元の体系をつくり上げるといった統合過程の2つの側面を同時にもっている。社会組織における専門化は機能 (役割) の配分過程として現れるのであり,近代社会での経済的分業は,この専門化を推し進める決定的動因となっている。専門家は組織の合理化,能率化を促進させるために必要とされるのであるが,機能相互間の調整に失敗するならば,組織を破壊することにもなりかねない。現代社会において専門化は時代の要請ではあるが,そこに生れる非人間化,専門万能主義,専門閉塞化 (たこ壺化) などの弊害を克服することが今後の課題として残されている。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

専門化の関連キーワードサイトテクノロジスト(細胞検査士)テクノストラクチャーリエンジニアリングマニュファクチュアキャリア・システムフォードシステムライン・ロビング結城地方の桐下駄所有と経営の分離イン・ショップ認定医承認制度ハンターキラーフランクランドパワーセンターアナウンサー単一事業企業レンブラント議会委員会制レジャー産業医療従事者

今日のキーワード

所信表明演説

政府の長が施政に関する考え方を明らかにするために行う演説。日本の国会では、臨時国会や特別国会の冒頭に内閣総理大臣が衆議院および参議院の本会議場で行い、当面の問題を中心にその国会における内閣の方針を示す...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

専門化の関連情報