コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

射影空間(読み)しゃえいくうかん(英語表記)projective space

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

射影空間
しゃえいくうかん
projective space

直観的には,1次元ユークリッド空間すなわち普通の直線に,無限遠点を添加したものを,1次元射影空間すなわち射影直線という。2次元ユークリッド空間すなわち普通の平面に,無限遠直線を添加したものを,2次元射影空間すなわち射影平面という。このように,ユークリッド空間に,すべての無限遠点あるいは無限遠直線を添加してできる空間を,射影空間という。直線上の点は,直線外の点から見る (射影する) 視線に対応するので,無限遠を見ることに対応する視線としての平行線を含めて,平面上の1点から出る直線の全体と考えることができる。同様に,射影平面は,3次元空間の1点から出る直線の全体と考えられる。偶数次元の射影空間,たとえば射影平面は向きづけ不可能である。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

プレミアムフライデー

《〈和〉premium+Friday》経済産業省や経団連、各業界団体が連携して行う、個人消費活性化のための取り組み。また、その取り組みが実施される毎月末の金曜日のこと。平成29年(2017)2月末より...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android