コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

射込む イコム

デジタル大辞泉の解説

い‐こ・む【射込む】

[動マ五(四)]
矢をねらうものの中にはなつ。「敵陣に―・む」
光・視線などを鋭く放つ。
「紫の光が、ぱっと―・まれた」〈里見弴・大道無門〉

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

いこむ【射込む】

( 動五[四] )
矢や銃弾を射て中に入れる。 「室内に矢が-・まれる」 「筈のかくるる程ぞ-・うだる/平家 11
鋭い光線・視線・言葉などをはなってそのものにあてる。 「心の中まで-・むような視線を感ずる」
[可能] いこめる

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

射込むの関連キーワードぐさと視線敵陣

今日のキーワード

OAR

2018年の平昌五輪に国家資格ではなく個人資格で参加したロシア国籍の選手のこと。「Olympic Athlete from Russia(ロシアからの五輪選手)」の略。14年ソチ五輪での組織的なドーピ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android