白羽(読み)シラハ

精選版 日本国語大辞典の解説

しら‐は【白羽】

〘名〙
① 白い矢羽。主として、鷹の羽を使う。
※長門本平家(13C前)一六「白羽のかぶらを一取り出して」
衣服
※古語拾遺(807)「長白羽神〈伊勢国麻続(うみ)の祖なり。今俗に衣服(きもの)を白羽と謂ふ、此れ縁(ことのもと)なり〉をして麻(あさ)を種(う)ゑ令む」

はく‐う【白羽】

〘名〙 鳥の白い羽。矢羽、羽扇や品物の飾りなどに用いる。しらは。〔色葉字類抄(1177‐81)〕 〔国語‐呉語〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

バンクシー

英ロンドンを中心に活動する覆面アーティスト。世界各地の街に現れて建物の壁などに社会風刺的なグラフィティアートを描くなど、ゲリラ的なアート活動を行っている。2005年に自身の作品を世界各国の有名美術館に...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

白羽の関連情報