コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

尉髪 ジョウガミ

デジタル大辞泉の解説

じょう‐がみ【尉髪】

能の仮髪(かはつ)の一。黄灰色の毛で大きな髷(まげ)を結い、髻(たぶさ)の先が面の額をおおうもの。老翁の役に用いる。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

じょうがみ【尉髪】

能で、老翁役に用いる髪形の一。黄ばんだ粗い毛の髪を、後頭より折り曲げて前に戻して髷まげを結い、毛先が前額をおおうもの。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

世界大百科事典内の尉髪の言及

【鬘】より

…ふつうの鬘よりは後ろを長くして結び,鬘帯を用いない。老年の男には尉髪(じようがみ)と称する大きな髷(まげ)に結った髪を用い,色は黄ばんだ荒い毛で,折り曲げて前に向けた髻(たぶさ)の端が面の額をおおうのが特徴。能では,女役の鬘をもっとも狭義の鬘とし,姥髪・喝食鬘・尉髪をも含めて広義の鬘とする。…

※「尉髪」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

不義理

[名・形動]1 義理を欠くこと。また、そのさま。「多忙でつい不義理になる」2 人から借りた金や物を返さないでいること。「茶屋への―と無心の請求」〈逍遥・当世書生気質〉...

続きを読む

コトバンク for iPhone