コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

尊覚入道親王 そんかくにゅうどうしんのう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

尊覚入道親王 そんかくにゅうどうしんのう

1608-1661 江戸時代前期,後陽成天皇の第10皇子。
慶長13年2月22日生まれ。17年興福寺一乗院にはいり,19年親王となる。元和(げんな)4年得度し,興福寺と清水寺の別当をつとめた。寛文元年7月26日死去。54歳。俗名は庶愛(もろちか)。幼称は十宮。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

尊覚入道親王の関連キーワード後陽成天皇