尋究(読み)じんきゅう

精選版 日本国語大辞典「尋究」の解説

じん‐きゅう ‥キウ【尋究】

〙 どこまでも探し調べること。
※平戸記‐延応二年(1239)四月一二日「本自此事所不審申也、仍可究子細之由定申了」 〔元帝‐洞林・序〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

普及版 字通「尋究」の解説

【尋究】じんきゆう(きう)

たずね究める。梁・元帝〔洞林序〕余幼にして星を學び、多く稔(さいねん)を(へ)たり。中(海内)の書、(ほぼ)皆究し、巫咸(ふかん)の(ひとへ)に求することを得たり。

字通「尋」の項目を見る

出典 平凡社「普及版 字通」普及版 字通について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

幸福追求権

日本国憲法 13条に保障する「生命,自由及び幸福追求に対する国民の権利」を一体的にとらえて観念された場合の権利。アメリカの独立宣言中の,「〈天賦不可侵の権利〉のなかに生命,自由および幸福の追求が含まれ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android