尋究(読み)じんきゅう

精選版 日本国語大辞典 「尋究」の意味・読み・例文・類語

じん‐きゅう ‥キウ【尋究】

〘名〙 どこまでも探し調べること。
平戸記‐延応二年(1239)四月一二日「本自此事所不審申也、仍可究子細之由定申了」 〔梁元帝‐洞林・序〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

普及版 字通 「尋究」の読み・字形・画数・意味

【尋究】じんきゆう(きう)

たずね究める。梁・元帝〔洞林序〕余幼にして星を學び、多く稔(さいねん)を(へ)たり。中(海内)の書、略(ほぼ)皆究し、巫咸(ふかん)の(ひとへ)に求することを得たり。

字通「尋」の項目を見る

出典 平凡社「普及版 字通」普及版 字通について 情報

今日のキーワード

閏日

太陽暦では,1太陽年が 365.2422日にあたるため,平年を 365日とし,400年に 97回閏日をおいて補正する必要がある。最初の一応完全な太陽暦は,前 46年,ユリウス・カエサルがアレクサンドリ...

閏日の用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android