小ロシア(読み)しょうろしあ(英語表記)Малороссия/Malorossiya

日本大百科全書(ニッポニカ)「小ロシア」の解説

小ロシア
しょうろしあ
Малороссия/Malorossiya

ウクライナ旧称。英語名Little Russia。帝政ロシア時代、為政者側が、カルパチア・ルテニア(現ウクライナ・ザカルパトスカヤ州)、ポーランド東部、黒海西岸を含む古いウクライナ地方に対して用いた地域名称。したがって、その住民、言語も、ウクライナ人、ウクライナ語でなく、小ロシア人、小ロシア語とよばれた。

[渡辺一夫]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

デジタル大辞泉プラス「小ロシア」の解説

小ロシア

ロシアの作曲家ピョートル・チャイコフスキーの交響曲第2番(1872, 79)。名称はウクライナ民謡を多く用いていることに由来する。

出典 小学館デジタル大辞泉プラスについて 情報

精選版 日本国語大辞典「小ロシア」の解説

しょう‐ロシア セウ‥【小ロシア】

(Malorossija の訳語) ウクライナの旧称。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典内の小ロシアの言及

【ウクライナ】より

…ウクライナという名称は〈辺境〉を意味するクライkraiからつくられたもので,12世紀ころから使われていた。なお〈小ロシア〉という呼称がウクライナの別称として使用されることがあるが,正確には,後述するように,これはウクライナの一部に与えられた行政地名である。
【自然】
 ほぼ全域が小高地や丘陵を含む平たんな地形でおおわれており,平均標高170m。…

【大ロシア語】より

…現代の〈ロシア語〉と同義の呼称で19世紀中ごろから用いられた。すなわち,古ロシア語を共通の源とするロシア語,ウクライナ語ベラルーシ語(白ロシア語)の三つをあわせて広義のロシア語とし,狭義のロシア語をこれと区別するため大ロシア語と称したが,これはウクライナを差別的に小ロシアと呼ぶ17世紀後半以来の習慣にもとづく。現在この呼称は方言学の術語の一部として用いられるにすぎない。…

【ロシア】より


[広義と狭義のロシア]
 しかしルーシの名称は,モスクワ国家によって独占されたわけではなく,かつてのキエフ・ロシアの南西部にも残った。この地域はモンゴルの侵入をこうむったあと,14~15世紀にリトアニア(14世紀末にポーランドと合併して統一王国を形成)によって征服されたが,ドニエプル上流地方はやがてベロルシア(白ロシア,今日のベラルーシ)と呼ばれ,キエフを中心とするドニエプル中流地方は小ロシアと呼ばれたのである。白ロシアの名称の起源については定説がない。…

※「小ロシア」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

李下に冠を正さず

《スモモの木の下で冠をかぶりなおそうとして手を上げると、実を盗むのかと疑われるから、そこでは直すべきではないという意の、古楽府「君子行」から》人から疑いをかけられるような行いは避けるべきであるというこ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android