コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

小中華思想 しょうちゅうかしそう

1件 の用語解説(小中華思想の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

しょうちゅうかしそう【小中華思想】

朝鮮の儒者たちが,朝鮮を中国と文化的同質性をもった〈小中華〉と自負し,他を夷狄視した思想。本来は孔子の《春秋》における〈尊中華・攘夷狄〉の尊華攘夷思想に由来する。李朝前期には朝鮮にとって明は〈大中華〉であり,〈以小事大(小を以て大に事(つか)える)〉の事大=宗属関係があったが,女真族=清が明を滅ぼし,1627年,36年に朝鮮に侵入すると(丙子の乱),政治的には清との事大=宗属関係を維持しながら,精神的には中国は夷狄化したとし,朝鮮を唯一の小中華として自負した。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

世界大百科事典内の小中華思想の言及

【衛正斥邪】より

…朝鮮は明を大中華としてこれに服属していたが,1644年に明が清に滅ぼされると,三綱五倫の礼が行われているのは朝鮮朱子学を正学としている自国だけであると,小中華を自認した。清は政治的には朝鮮の宗主国だが,文化的には夷狄であり,朝鮮が小中華であるとする(小中華思想)。その結果,清の文化の受容を拒否し,ときには北伐論のように北の清を伐(う)とうとした議論も出た。…

※「小中華思想」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone

小中華思想の関連情報