コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

丙子の乱 へいしのらん

2件 の用語解説(丙子の乱の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

へいしのらん【丙子の乱】

1636年(李朝の仁祖14∥清の崇徳1)に起きた清の第2回朝鮮侵略。朝鮮では丙子胡乱という。清(後金)は1627年の第1回侵略(丁卯の乱)以後,朝鮮と兄弟関係を結び,対明戦の軍糧,兵船など多大な貢物を毎年徴収していた。このため朝鮮では反清親明意識が高まり,32年,清が兄弟関係を君臣関係に変え,貢物を増加するよう要求したことを契機に,朝鮮国王仁祖は全土に宣戦教書を下した。これに対し清の太宗は36年12月,10万の軍隊で朝鮮を攻撃した。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

丙子の乱
へいしのらん

1636年(丙子)の清(しん)の朝鮮侵略。丙子胡乱(こらん)ともいう。36年1月、後金(こうきん)は国号を清と改め、同年2月、従来の兄弟関係を君臣関係に改めると朝鮮に通告してきた。朝鮮はこれを拒否し、清に対する宣戦の教書を発布した。同年12月、清の太宗ホンタイジは10万の大軍を率いて朝鮮に侵入し、首都漢城(ソウル)を占領した。壬辰倭乱(じんしんわらん)(文禄(ぶんろく)・慶長(けいちょう)の役)で疲弊していた朝鮮は、ふたたび清軍の殺戮(さつりく)と略奪にさらされた。翌年1月、朝鮮国王仁祖は降服、明(みん)との断交、清に対する臣下の礼、人質の派遣、貢ぎ物の献上を約束した。以後、朝鮮は清を宗主国とするが、その関係は形式的なものであり、内政まで干渉されることはなかった。[矢澤康祐]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内の丙子の乱の言及

【林慶業】より

李适(りかつ)の反乱(1624)の鎮圧に功績をあげ振武原従勲一等となる。1636年,清の侵攻(丙子の乱)に際し義州府尹として抗戦,38年平安兵使となる。明軍征討を命ぜられると,僧になって逃亡し,反清を貫いた。…

※「丙子の乱」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

丙子の乱の関連キーワード一柳直盛ビベロ・イ・ベラスコ九戸城称念寺池田宗旦英勝寺閻若璩狩野常信北島雪山後金

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone