丙子の乱(読み)へいしのらん

世界大百科事典 第2版の解説

1636年(李朝仁祖14∥の崇徳1)に起きた清の第2回朝鮮侵略。朝鮮では丙子胡乱という。清(後金)は1627年の第1回侵略(丁卯)以後,朝鮮と兄弟関係を結び,対明戦の軍糧兵船など多大な貢物を毎年徴収していた。このため朝鮮では反清親明意識が高まり,32年,清が兄弟関係を君臣関係に変え,貢物を増加するよう要求したことを契機に,朝鮮国王仁祖全土に宣戦教書を下した。これに対し清の太宗は36年12月,10万の軍隊で朝鮮を攻撃した。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

1636年(丙子)の清(しん)の朝鮮侵略。丙子胡乱(こらん)ともいう。36年1月、後金(こうきん)は国号を清と改め、同年2月、従来の兄弟関係を君臣関係に改めると朝鮮に通告してきた。朝鮮はこれを拒否し、清に対する宣戦の教書を発布した。同年12月、清の太宗ホンタイジは10万の大軍を率いて朝鮮に侵入し、首都漢城(ソウル)を占領した。壬辰倭乱(じんしんわらん)(文禄(ぶんろく)・慶長(けいちょう)の役)で疲弊していた朝鮮は、ふたたび清軍の殺戮(さつりく)と略奪にさらされた。翌年1月、朝鮮国王仁祖は降服、明(みん)との断交、清に対する臣下の礼、人質の派遣、貢ぎ物の献上を約束した。以後、朝鮮は清を宗主国とするが、その関係は形式的なものであり、内政まで干渉されることはなかった。[矢澤康祐]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の丙子の乱の言及

【林慶業】より

李适(りかつ)の反乱(1624)の鎮圧に功績をあげ振武原従勲一等となる。1636年,清の侵攻(丙子の乱)に際し義州府尹として抗戦,38年平安兵使となる。明軍征討を命ぜられると,僧になって逃亡し,反清を貫いた。…

※「丙子の乱」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

オーバーシュート

感染症の爆発的な感染拡大を指す。語源は、「(目標を)通り越す」「(飛行機などが停止位置を)行き過ぎる」という意味の英語の動詞「overshoot」。2019年12月に発生した新型コロナウイルスに関して...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android