コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

小倉宗爾 おぐら そうじ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

小倉宗爾 おぐら-そうじ

1744-1803 江戸時代中期-後期の医師。
延享元年生まれ。家は長門(ながと)(山口県)萩(はぎ)藩医医術を家でまなび,藩校明倫館で山県周南(やまがた-しゅうなん)に師事。のち私塾餐霞堂をひらく。藩主毛利重就(しげなり),治親(はるちか)の侍医となった。享和3年8月10日死去。60歳。名は実卓。号は済陽。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

小倉宗爾の関連キーワード延享カルナータカ戦争土生玄碩鳥居清忠(初代)カルナータカ戦争ダゴホイの乱シェーンブルン宮殿浮絵カルナータカ戦争蕪村

今日のキーワード

大義

1 人として守るべき道義。国家・君主への忠義、親への孝行など。「大義に殉じる」2 重要な意義。大切な事柄。「自由平等の大義を説く」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android