コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

小児期崩壊性障害 ショウニキホウカイセイショウガイ

1件 の用語解説(小児期崩壊性障害の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

しょうにきほうかいせい‐しょうがい〔セウニキホウクワイセイシヤウガイ〕【小児期崩壊性障害】

広汎性発達障害の一種。成長に伴って獲得した言語・対人行動・運動機能・排便機能などが、ある時期を境に退行していく疾患。併せて対人関係への無関心、同一動作の繰り返しなど自閉症の症状を示す。2歳くらいまでは正常な発達があり、10歳までにさまざまな機能障害が生じる場合が多い。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

小児期崩壊性障害の関連キーワード発達障害者支援法自閉症スペクトラム広汎性発達障害反応性愛着障害レット症候群寝屋川市立中央小の教職員殺傷事件発達障害の子どもと学校現場奈良医師宅放火殺人発達障害者支援センター統合失調症と広汎性発達障害

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone