コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

対人関係 たいじんかんけいinterpersonal relations

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

対人関係
たいじんかんけい
interpersonal relations

集団生活が続けられるうちに,メンバー相互の間に形成されるある特徴的な心理的関係相互作用パターンをさす。これにはたとえば協力,競争,支配,服従などがあるが,これらはメンバーの適応動機づけなどに影響を及ぼすとともに集団全体の特性にも影響する。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

たいじん‐かんけい〔‐クワンケイ〕【対人関係】

他人との関係。個人と個人との結びつきからみた人間関係

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

たいじんかんけい【対人関係】

他人との関係。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

対人関係
たいじんかんけい

人間は、文字どおり人と人との間のかかわり合いの網目のなかで生活しているのであるが、そのかかわり合いの基本的単位は、二者間のコミュニケーションに代表される相互交渉ないし相互作用であり、それがある期間持続し安定した形をとるとき対人関係とよばれる。対人関係の心理学に基礎的な考察を展開したオーストリア生まれの社会心理学者ハイダーFritz Heider(1896―1988)は、対人関係という用語には、1人の人がもう1人の人についてどのように考えまた感じるか、また相手および相手が自分に対してすることをどのように知覚するか、相手が自分に対して何をし何を考えると期待するか、相手の行為に対してどのように反応するかなどの事柄が含まれるとし、日常生活での意識的レベルのできごとを考察の出発点としている。これに対して、精神分析やそれに近い精神医学者のなかには、幼少期の親子関係、とくに母子関係や友人関係に根ざした、無意識のレベルの対人関係の影響を重視する人々がいる。
 対人関係の心理学では、自他についての認識の仕方、相手に魅力を感じる条件などが詳しく研究されているが、前者からは認知的バランスの理論や帰属過程の理論などが生まれ、後者では物理的近接の要因や自分にとってなんらかのプラスになるという強化の要因などがあげられている。また、対人関係の基本的な側面としては、協同か競争か、友好か対立か、上下か対等かといった三方向が考えられている。[辻 正三]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

対人関係の関連キーワード寝屋川市立中央小教職員殺傷事件自己愛性パーソナリティー障害広汎(こうはん)性発達障害境界性パーソナリティー障害境界パーソナリティー障害カウンセリング・システムグループ・ダイナミックスL. フェスティンガーレクリエーション療法ニコラス ブースマン軽度発達障害児の教育パーソナルスペースレナト タジゥーリ自立生活プログラムアスペルガー症候群ヒューマンスキル小児期崩壊性障害TA(交流分析)ソーシャルスキル管理限界の原則

今日のキーワード

主婦休みの日

1、5、9月の25日。年3回。株式会社サンケイリビング新聞社が制定。主婦にはリフレッシュ、ほかの家族には家事を提唱する。年末年始、ゴールデンウィーク、夏休みといった忙しい期間の後に設定されている。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

対人関係の関連情報