コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

日下 くさか

3件 の用語解説(日下の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

日下
くさか

大阪府東大阪市東部,生駒山地西麓の扇状地にある地区。「孔舎衙」とも書く。先史時代から人間が居住したところで,日下貝塚からは淡水産のセタシジミを主とする貝殻や縄文土器,石器,骨角器のほか,弥生土器土師器も出土,史跡に指定されている。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

くさか【日下】

姓氏の一。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

日下
くさか

大阪府中東部、東大阪市の一地区。生駒(いこま)山地西麓(せいろく)の扇状地にあり、孔舎衛(衙)(くさか)、草香とも書く。1925年(大正14)縄文遺跡の日下貝塚(国指定史跡)を発見、淡水産のセタシジミを主とする貝殻、人骨、石器が出土した。奈良と大阪を結ぶ直越(ただご)えの登り口にあたり、東高野(ひがしこうや)街道(国道170号)は南北に走る。日下谷では生駒石の石材を産する。「日下江のハス」は原始ハスとして再生している。また、府民の森「くさか園地」がある。[安井 司]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の日下の言及

【位署書】より

…これを〈略名式〉といい,四位以下は名を自署する。年月日の下は〈日下(につか)〉といって,その文書の作成者(主典)の署所である。これは公家様文書でも踏襲されている。…

※「日下」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

日下の関連キーワード大阪府東大阪市荒本北大阪府東大阪市今米大阪府東大阪市宝町大阪府東大阪市東石切町大阪府東大阪市大阪府東大阪市東上小阪大阪府東大阪市東豊浦町大阪府東大阪市東山町大阪府東大阪市水走大阪府東大阪市吉原

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

日下の関連情報