コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

小原君雄 おはら きみお

2件 の用語解説(小原君雄の意味・用語解説を検索)

美術人名辞典の解説

小原君雄

江戸後期の国学者。近江生。通称は八郎左衛門・春平。号に八篠の舎・鴟鷯舎。彦根藩士中尾茂市の子。のち小原源次の養嗣となる。養父の門で学んだのち、本居宣長門に入る。芝山大納言に謁して詠歌の法式を学ぶ。彦根藩和学寮用掛を努めた。著書に『彦根歌集』『篠舎集』がある。天保6年(1835)歿、84才。

出典|(株)思文閣
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

小原君雄 おはら-きみお

1752-1835 江戸時代中期-後期の武士,国学者。
宝暦2年生まれ。近江(おうみ)(滋賀県)彦根藩士。大菅中養父(なかやぶ),本居宣長,芝山持豊にまなぶ。寛政11年藩校稽古館の和学寮御用掛となった。天保(てんぽう)6年2月30日(一説に1日)死去。84歳。本姓は中尾。字(あざな)は子飛。通称は八郎左衛門,春平。号は鷦鷯舎(ささきのや),篠舎。歌集に「彦根歌集」など。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

小原君雄の関連キーワード羅城奥村邦具奥村茶山国佐(2代)交寛美三鍼帯山与兵衛(3代)樗雲土岐頼香細井錦城

今日のキーワード

災害派遣

天災地変その他の災害に際して,人命または財産の保護のために行なわれる自衛隊の派遣。災害出動ともいう。都道府県知事などの要請に基づいて,防衛大臣が派遣することを原則とするが,特に緊急を要する場合,要請を...

続きを読む

コトバンク for iPhone