コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

小原桃洞 おはら とうどう

2件 の用語解説(小原桃洞の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

小原桃洞 おはら-とうどう

1746-1825 江戸時代中期-後期の本草家。
延享3年生まれ。医学を吉益(よします)東洞に,本草学小野蘭山にまなぶ。熊野などの動植物を調査。和歌山藩医となり,医学館本草局を主宰した。文政8年7月11日死去。80歳。紀伊(きい)和歌山出身。名は良貴。通称は政之助,源三郎。著作に「熊野採薬巡覧記」など。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

朝日日本歴史人物事典の解説

小原桃洞

没年:文政8.7.11(1825.8.24)
生年:延享3(1746)
江戸後期の本草学者。名は良貴,通称は源三郎,号は桃洞。和歌山藩士の子として生まれる。京都に出て吉益東洞に医学を,小野蘭山に本草学を学ぶ。和歌山藩医,本草方に抜擢され,寛政4(1792)年同藩医学館の創立時に本草局の主宰となる。蘭山の享和1(1801)年日光採薬,翌2年紀州採薬に随行。文化3(1806)年『紀伊続風土記』新編纂の藩命を受ける。同書は未完に終わったが,広く山野に採集して動植物を調査し,すぐれた博物誌『桃洞遺筆』を残した。実検を重んじるこの姿勢は門人の畔田翠山に継がれた。<著作>『御国産物考』『魚譜』『南海禽譜』<参考文献>上野益三『博物学者列伝』

(遠藤正治)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

小原桃洞の関連キーワード松岡玄達渡辺松臺伊星双缶畔田翠山本草家本草図譜浅井紫山岡田正応小原蘭峡木内政章

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone