小啄木鳥(読み)コゲラ

デジタル大辞泉の解説

こ‐げら【小啄鳥】

キツツキ科の鳥。全長約15センチで日本では最小のキツツキ。背や翼には黒地に白斑の横縞がある。東アジアに分布。日本では留鳥 春》

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典の解説

こ‐げら【小啄木鳥】

〘名〙 キツツキ科の鳥。日本産キツツキ類のうち最も小さく、全長一五センチメートルで、大きさはスズメぐらい。背面は暗褐色で、白い横縞があり、腹面は汚白色で、褐色の縦斑がある。雄の後頭両側に赤い小斑がある。主に低山にすみ、冬はシジュウカラなどと群れをつくる。日本、中国、朝鮮などに分布する留鳥。《・秋》 〔俳諧・改正月令博物筌(1808)〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

アポ電詐欺

《「アポ」は「アポイントメント」の略》電話を使用した振り込め詐欺の一。身内の者になりすまして電話番号が変わったと伝え、再度電話して金銭を要求したり、役所の担当者や銀行員などになりすまして電話をかけ、後...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android