留鳥(読み)りゅうちょう(英語表記)resident

翻訳|resident

日本大百科全書(ニッポニカ)「留鳥」の解説

留鳥
りゅうちょう
resident
permanent resident

の語は二つの意味で使われる。すなわち、(1)ある地域で一年中どの季節にもみられる鳥(これに対してある季節にだけみられる鳥は候鳥という)であり、(2)一年中生息地をかえずに生活している鳥(これに対して季節によって生息地をかえる鳥は渡り鳥という)である。この二つのどちらの意味でも当てはまる場合があることは確かであるが、多くの場合にはそう単純ではない。そこには二つの問題がある。(1)の場合には地域の広さが問題である。ある地域を日本とすると、春夏は北海道でしかみられず秋冬には南日本でしかみられない鳥でも、日本では一年中みられることになる。春夏は高地で秋冬は低地という鳥もいる。また、近所では一年中みられるが、家の庭という地域では秋冬しかみられないという鳥もいる。したがって(1)の場合、留鳥という概念は地域を特定しないと成立しない。もう一つの問題は(2)に関するもので、ここで鳥というのは種単位なのか個体単位なのかである。同一地域の同一種であっても、一年中生息地をかえないのは一部の個体だけ(雄の成鳥のことが多い)という場合がしばしばあるからである。このような種は(2)の意味では留鳥とはよべないのであるが、(1)の意味ではそれも留鳥というのが普通である。

[浦本昌紀]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

百科事典マイペディア「留鳥」の解説

留鳥【りゅうちょう】

季節的な移動をせず,ほとんど一年中同じ地域に生息する鳥。日本ではスズメカラス,キジ,ヤマドリなどが代表的。留鳥は気候の推移があまりなく,一年を通じて食物の豊富な熱帯に多い。
→関連項目アオサギアマツバメイヌワシエゾライチョウオオコノハズクオシドリカラスバトカワラヒワキジ(雉/雉子)キツツキキバシリクマゲラコガラコゲラコサギゴジュウカラサンカノゴイシジュウカラスズメ(雀)タマシギタンチョウ(丹頂)トビ(鳶)ハイタカハシブトガラハシブトガラスハシボソガラスヒガラヒクイナフクロウホシガラスミサゴミフウズラメグロヤマガラヤマゲラヤマセミヤマドリライチョウ(雷鳥)渡り

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典「留鳥」の解説

留鳥
りゅうちょう
resident

渡りなどの季節的な移動を行わず,一年中ほぼ同じ地域にすむ鳥の呼称。スズメ,シジュウカラ,カワラヒワ,ムクドリ,オナガ,カラス類などが代表的な留鳥。しかし,同じ種でも緯度高度によって,ある地域で留鳥であっても,ほかの地域では夏鳥冬鳥である場合もある。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

精選版 日本国語大辞典「留鳥」の解説

りゅう‐ちょう リウテウ【留鳥】

〘名〙 鳥類の生態上の区分。渡り鳥に対する語で、一年中一定の地域内に定住する鳥をいう。また、候鳥に対する語としては、ある地域で一年を通して見られる鳥をいう。スズメ、カラスなど。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「留鳥」の解説

りゅう‐ちょう〔リウテウ〕【留鳥】

季節による移動をせず、一年じゅう同一地域にすむ鳥。日本ではスズメカラスキジバトカワセミなど。
[類語]野鳥水鳥水禽海鳥家禽飼い鳥渡り鳥候鳥夏鳥冬鳥漂鳥旅鳥迷鳥禁鳥保護鳥益鳥害鳥雄鶏雌鳥小鳥猛禽鳴禽珍鳥始祖鳥

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の留鳥の言及

【渡り鳥】より

…繁殖地と越冬地との間を規則的に往復する鳥。人家の周辺でみられるスズメやカラスは一年中同じ地域にすむので留鳥resident birdと呼ばれる。またウグイスやアカハラなどのように,繁殖するところと冬を過ごす(越冬)場所とが違うが同じ地域内を出ない鳥は漂鳥wandering birdと呼ばれる。…

※「留鳥」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

野選

《「野手選択」の略》野球で、打球を捕った野手が一塁で打者をアウトにできるのに、先行走者をアウトにしようと他の塁へ送球し、間に合わずに全走者を生かすこと。フィールダースチョイス。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android