小坊主(読み)こぼうず

精選版 日本国語大辞典「小坊主」の解説

こ‐ぼうず ‥バウズ【小坊主】

〘名〙
① 年少の。また、小づくりの僧。
浄瑠璃・賀古教信七墓廻(1714頃)三「行衛もしらず名もしらぬうつくしい小坊主が」
② 江戸時代、武家、町家で雑用に使う坊主頭の子ども。
浮世草子・万の文反古(1696)一「下女弐人小性弐人小坊主(コボウヅ)壱人」
③ (七、八歳まで髪を長く伸ばさず、奴(やっこ)頭あるいは芥子(けし)坊主頭にしていたところから) 少年を親しみ、または、侮っていう
※浮世草子・日本永代蔵(1688)三「十二三のむすめ、六つ七つの小坊主(コボウズ)と」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「小坊主」の解説

こ‐ぼうず〔‐バウズ〕【小坊主】

修行中の年少の僧。
少年を、親しんで、また、あなどっていう語。
[類語]小僧

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

完全試合

野球で,先発投手が相手チームを無安打,無四死球に抑え,さらに無失策で一人の走者も許さずに勝利した試合をいう。 1956年ニューヨーク・ヤンキーズのドン・ラーセン投手がワールドシリーズでブルックリン・ド...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android