小堀 杏奴(読み)コボリ アンヌ

20世紀日本人名事典の解説

小堀 杏奴
コボリ アンヌ

昭和・平成期の随筆家,小説家



生年
明治42(1909)年5月27日

没年
平成10(1998)年4月2日

出生地
東京市本郷区千駄木町

学歴〔年〕
仏英和高女〔昭和2年〕卒

主な受賞名〔年〕
土川元夫賞〔昭和60年〕

経歴
森鷗外の二女として生まれ、昭和11年鷗外の思い出を綴った「晩年の父」を刊行し評判になる。以後「森鷗外、妻への手紙」「回想」などを刊行し、鷗外研究の新資料となる。戦後は21年小説「冬の花束」を発表。また「春」「最終の花」「日々の思い」「小さな恋人」「春のかぎり」などの作品集を刊行した。

出典 日外アソシエーツ「20世紀日本人名事典」(2004年刊)20世紀日本人名事典について 情報

367日誕生日大事典の解説

小堀 杏奴 (こぼり あんぬ)

生年月日:1909年5月27日
昭和時代の随筆家;小説家
1998年没

出典 日外アソシエーツ「367日誕生日大事典」367日誕生日大事典について 情報

今日のキーワード

猫バンバン

寒い季節になると多発する、猫が自動車のエンジンルームやボンネットの中に潜り込んでいたのに気付かず発車してしまうという事故を防ぐための動作。自動車を始動させる前にボンネットをバンバンとたたき、猫の鳴き声...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

小堀 杏奴の関連情報