コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

小墾田皇女 おわりだのおうじょ

2件 の用語解説(小墾田皇女の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

小墾田皇女 おわりだのおうじょ

?-? 飛鳥(あすか)時代,敏達(びだつ)天皇の皇女。
日本書紀」によれば,母は豊御食炊屋姫尊(とよみけかしきやひめのみこと)(推古天皇)。異母兄の押坂彦人大兄皇子(おしさかのひこひとの-おおえのおうじ)の妃となる。「古事記」には小治田王とあり,皇子とされている。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

朝日日本歴史人物事典の解説

小墾田皇女

生年:生没年不詳
6世紀後半,押坂彦人大兄皇子の妃。敏達天皇と皇后豊御食炊屋姫尊(推古天皇)との皇女。小治田王ともいう。『日本書紀』では,異母兄押坂彦人大兄皇子と結婚し,子女は不詳となっている。一方,『古事記』では,小治田王の妹桜井玄王(桜井弓張皇女)が日子人太子(押坂彦人大兄)の妃となり,子ふたりを生んだとみえる。このふたつの異母兄妹婚はどちらかが誤伝であろう。もし,小墾田皇女姉妹がふたりとも異母兄の妻となったのであれば,珍しい異母兄妹間の一夫姉妹婚の事例となる。

(明石一紀)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

小墾田皇女の関連キーワード中大兄皇子糠手姫皇女大中姫押坂彦人大兄皇子桜井弓張皇女中臣勝海彦人大兄彦人大兄皇子広姫箭田珠勝大兄皇子

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone