コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

小墾田皇女 おわりだのおうじょ

2件 の用語解説(小墾田皇女の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

小墾田皇女 おわりだのおうじょ

?-? 飛鳥(あすか)時代,敏達(びだつ)天皇の皇女。
日本書紀」によれば,母は豊御食炊屋姫尊(とよみけかしきやひめのみこと)(推古天皇)。異母兄の押坂彦人大兄皇子(おしさかのひこひとの-おおえのおうじ)の妃となる。「古事記」には小治田王とあり,皇子とされている。

出典|講談社
デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

朝日日本歴史人物事典の解説

小墾田皇女

生年:生没年不詳
6世紀後半,押坂彦人大兄皇子の妃。敏達天皇と皇后豊御食炊屋姫尊(推古天皇)との皇女。小治田王ともいう。『日本書紀』では,異母兄押坂彦人大兄皇子と結婚し,子女は不詳となっている。一方,『古事記』では,小治田王の妹桜井玄王(桜井弓張皇女)が日子人太子(押坂彦人大兄)の妃となり,子ふたりを生んだとみえる。このふたつの異母兄妹婚はどちらかが誤伝であろう。もし,小墾田皇女姉妹がふたりとも異母兄の妻となったのであれば,珍しい異母兄妹間の一夫姉妹婚の事例となる。

(明石一紀)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
朝日日本歴史人物事典について | 情報

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone