コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

小墾田皇女 おわりだのおうじょ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

小墾田皇女 おわりだのおうじょ

?-? 飛鳥(あすか)時代,敏達(びだつ)天皇の皇女。
日本書紀」によれば,母は豊御食炊屋姫尊(とよみけかしきやひめのみこと)(推古天皇)。異母兄の押坂彦人大兄皇子(おしさかのひこひとの-おおえのおうじ)の妃となる。「古事記」には小治田王とあり,皇子とされている。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

朝日日本歴史人物事典の解説

小墾田皇女

生年:生没年不詳
6世紀後半,押坂彦人大兄皇子の妃。敏達天皇と皇后豊御食炊屋姫尊(推古天皇)との皇女。小治田王ともいう。『日本書紀』では,異母兄押坂彦人大兄皇子と結婚し,子女は不詳となっている。一方,『古事記』では,小治田王の妹桜井玄王(桜井弓張皇女)が日子人太子(押坂彦人大兄)の妃となり,子ふたりを生んだとみえる。このふたつの異母兄妹婚はどちらかが誤伝であろう。もし,小墾田皇女姉妹がふたりとも異母兄の妻となったのであれば,珍しい異母兄妹間の一夫姉妹婚の事例となる。

(明石一紀)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版朝日日本歴史人物事典について | 情報

今日のキーワード

異常天候早期警戒情報

5日から 8日先を最初の日とする 7日間の平均気温がかなり高い,またはかなり低い確率が 30%以上と見込まれる場合に注意を呼びかけるため気象庁から発表される情報。低温や猛暑が長く続くと,人の活動や農作...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android