コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

小定考/小考定 ココウジョウ

大辞林 第三版の解説

ここうじょう【小定考】

平安時代、定考こうじようの翌日の8月12日に東庁において行われた、史生しじよう・官掌かじよう・使部などの官職を定める儀式。 → 定考こうじよう

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内の小定考/小考定の言及

【定考】より

…この考選文は10月1日式部省に下されるが,その951年(天暦5)の実例が《政事要略》に収められている。また定考の翌日,太政官の番上官(当番勤務)の勤務成績を考査上申する儀があり,これを〈小定考(ここうじよう)〉といった。定考は2月11日の列見(れつけん)とともに,官中の二大行事とされ,その際の饗饌と禄物は太政官厨家が弁備したが,平安末期には,近江国細江保が列見定考料所に充てられた。…

※「小定考/小考定」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android