コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

定考 こうじょう

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

定考
こうじょう

字を転倒して読むのが普通。平安時代官吏任用の一形式。六位以下の吏の加階昇任を決めること,またはその儀式で,太政官勤務成績と面接で決めた。儀式は毎年8月 18日に行われた。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

こう‐じょう〔カウヂヤウ〕【考】

《「定考」と書いて「こうじょう」と転倒して読むのが慣例。「上皇」と音の通じるのを避けるためという》平安時代、朝廷で毎年8月11日に、六位以下の官吏の勤務成績によって加階昇任を定めたこと。また、その儀式。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

こうじょう【定考】

令制太政官の官人の位階授与の手続の一つ。〈上皇(じようこう)〉の音読に通ずるのを避けて,転倒して読むのを例とし,ひいては〈考定〉とも書いた。8月11日を式日とし,前年8月1日以降1年間の太政官の長上官(常勤者)の勤務成績を考査上申する儀。《儀式》《延喜式》の制によると,8月1日担当の少納言,弁,外記,史が太政官の考選文を作成し,11日に大臣に上申する。すなわち当日大臣以下が太政官庁参着,少納言以下が参入して,考(勤務評定)にあずかるべき者と,考にあずからざる者の累計,その内訳として,考の列にあらざる者(大臣),第(9等の評定)を定めざる者(五位以上),中の上等第の人数および各人の上日(出勤日数)などを読みあげる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

大辞林 第三版の解説

こうじょう【定考】

〔「上皇」との同音を避けて転倒して読むのを慣例とする〕
平安時代、朝廷で毎年8月11日に、六位以下の官吏について、その功労・行状などによって、昇進を定めたこと。また、その儀式。

じょうこう【定考】

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

定考
こうじょう

太政官(だいじょうかん)で官吏の執務成績を定める儀。定考と書いて「こうじょう」と逆に読む。式日は8月11日であるが、まず8月1日に三局(左・右弁官局、少納言(しょうなごん)局)でそれぞれ考文(こうもん)の案をつくり、ついで11日に長上(ちょうじょう)の官人の考を定める。定の儀は、少納言が当年の考に預る者、預らない者、考第(こうだい)が中上以上の者の人数を読みあげ、考を定め、終わって宴、音楽がある。翌12日には番上(ばんじょう)の考を定める小定考(ここうじょう)がある。[渡辺直彦]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

定考の関連キーワードカント(Immanuel Kant)認定司法書士制度カント(年譜)太政官厨家領螺鈿の太刀篠田明浦故実読み挿頭華小定考朝所昇進名目挿頭行状同音功労

今日のキーワード

大義

1 人として守るべき道義。国家・君主への忠義、親への孝行など。「大義に殉じる」2 重要な意義。大切な事柄。「自由平等の大義を説く」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android