コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

小山六郎 こやま ろくろう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

小山六郎 こやま-ろくろう

1835-1872* 幕末の尊攘(そんじょう)運動家。
天保(てんぽう)6年生まれ。生家は但馬(たじま)(兵庫県)朝来(あさご)郡の農家。文久3年(1863)生野(いくの)の変にくわわり,敗れて長門(ながと)(山口県)にのがれる。遊撃隊に属すが,病気で失明して帰郷。明治4年12月24日新政府の藩閥的専制などを批判する上表文をのこし自決した。37歳。名は喜昌。通称ははじめ六右衛門。著作に「但馬義挙実記」。

小山六郎 おやま-ろくろう

こやま-ろくろう

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

小山六郎の関連キーワードこやま運動家尊攘天保

今日のキーワード

大義

1 人として守るべき道義。国家・君主への忠義、親への孝行など。「大義に殉じる」2 重要な意義。大切な事柄。「自由平等の大義を説く」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android