小山六郎(読み)こやま ろくろう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

小山六郎 こやま-ろくろう

1835-1872* 幕末の尊攘(そんじょう)運動家。
天保(てんぽう)6年生まれ。生家は但馬(たじま)(兵庫県)朝来(あさご)郡の農家。文久3年(1863)生野(いくの)の変にくわわり,敗れて長門(ながと)(山口県)にのがれる。遊撃隊に属すが,病気で失明して帰郷。明治4年12月24日新政府の藩閥的専制などを批判する上表文をのこし自決した。37歳。名は喜昌。通称ははじめ六右衛門。著作に「但馬義挙実記」。

小山六郎 おやま-ろくろう

こやま-ろくろう

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

適応障害

心理社会的なストレスがはっきりと認められ、情緒面や行動面に問題が生じるもの。職場の人間関係、夫婦間の葛藤を始め、親の離婚、子供の自立、失恋、身体疾患など、一過性のものから持続的なものまで、ストレス因子...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android