コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

小山六郎 こやま ろくろう

2件 の用語解説(小山六郎の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

小山六郎 こやま-ろくろう

1835-1872* 幕末の尊攘(そんじょう)運動家。
天保(てんぽう)6年生まれ。生家は但馬(たじま)(兵庫県)朝来(あさご)郡の農家。文久3年(1863)生野(いくの)の変にくわわり,敗れて長門(ながと)(山口県)にのがれる。遊撃隊に属すが,病気で失明して帰郷。明治4年12月24日新政府の藩閥的専制などを批判する上表文をのこし自決した。37歳。名は喜昌。通称ははじめ六右衛門。著作に「但馬義挙実記」。

小山六郎 おやま-ろくろう

こやま-ろくろう

出典|講談社
デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

小山六郎の関連キーワードゴンブルサ事件フランツ田能村竹田ドゥーフ斑糲岩グツコーフランツ安達安子大橋慎三佐倉常七

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone