コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

小山弥兵衛 こやま やへえ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

小山弥兵衛 こやま-やへえ

1705-1788? 江戸時代中期の一揆(いっき)指導者。
宝永2年生まれ。但馬(たじま)(兵庫県)磯部荘大内村の年寄。元文3年年貢減免と夫食(ふじき)(農民の食糧)貸しをもとめて約3000人が幕府生野代官所を包囲した生野一揆のときの指導者のひとり。翌年肥前壱岐(いき)(長崎県)に流された。流刑地で天明8年?死去。84歳?

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

朝日日本歴史人物事典の解説

小山弥兵衛

没年:天明8?(1788)
生年:宝永2(1705)
江戸中期の但馬国(兵庫県)生野代官所支配村々の一揆の指導者。磯部庄大内村(山東町)の年寄役。持高10石余。元文3(1738)年12月,租税の引き下げと夫食貸しを要求して約3000人が蜂起。商人宅打ちこわしののち,生野代官所へ強訴。弥兵衛は廻状を出させて人数を結集したことにより壱岐島(長崎県)へ遠島。弥兵衛の孫娘は,祖父を思慕し,旅行の便をはかるため尼となって心諒と改名。21歳のとき,ついに祖父を訪ね,相擁して号泣した。その後,福岡の寺に寓居し,毎月1回,3年間にわたって島に渡り,祖父を慰めた。<参考文献>『兵庫県史』4巻

(三宅紹宣)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版朝日日本歴史人物事典について | 情報

小山弥兵衛の関連キーワードレオポルト1世ラングハンス公慶公慶前田利右衛門公慶淀屋辰五郎ベルヌーイチュニジア徳川吉宗

今日のキーワード

存亡の機

引き続き存在するかここで滅びてしまうかという非常に重大な時。存亡の秋(とき)。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

小山弥兵衛の関連情報