コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

夫食 ふじき

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

夫食
ふじき

江戸時代,農民の食料一般をさす。夫食は米以外の雑穀が中心で,芋やこんにゃくを主食とした地方もある。幕府,諸藩は凶作にそなえ貯穀を奨励したり,凶作・飢饉時には救済のため貸付 (夫食貸) を行なったが,貸付,返済をめぐって農民闘争の原因になることが多かった。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

ぶ‐じき【夫食】

《「ふじき」とも》江戸時代、農民の食糧のこと。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

ぶじき【夫食】

江戸時代、農民の食糧をいう。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

夫食の関連キーワード佐原太郎右衛門穴井六郎右衛門南山御蔵入騒動赤松源右衛門小山弥兵衛枚田弥兵衛御貸付金夫食種貸百姓一揆株小作勤方帳

今日のキーワード

優曇華

《〈梵〉udumbaraの音写「優曇波羅」の略。霊瑞、希有と訳す》1㋐インドの想像上の植物。三千年に一度その花の咲くときは転輪聖王が出現するという。㋑きわめてまれなことのたとえ。2 クサカゲロウ類が産...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

夫食の関連情報