小山清茂(読み)こやま きよしげ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

小山清茂 こやま-きよしげ

1914-2009 昭和後期-平成時代の作曲家。
大正3年1月15日生まれ。教員をしながら安部幸明,池内友次郎(ともじろう)にまなぶ。昭和21年「管弦楽のための信濃囃子」が第14回音楽コンクール1位。32年の「管弦楽のための木挽歌」,34年の「交響組曲能面」など民謡や和楽器をとりいれた作品を発表した。平成21年6月6日死去。95歳。長野県出身。長野師範卒。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

僥倖

[名](スル)1 思いがけない幸い。偶然に得る幸運。「僥倖を頼むしかない」「僥倖にめぐりあう」2 幸運を願い待つこと。「生死の境の中に生きることを―しなければならない運命」〈有島・生れ出づる悩み〉...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

小山清茂の関連情報