小山益太(読み)こやま ますた

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

小山益太 こやま-ますた

1861-1924 明治-大正時代の果樹園芸家。
文久元年9月12日生まれ。明治22年ごろより梨(なし),桃,葡萄(ぶどう)などの栽培に専念。新品種育成や病害虫防除の研究につとめ,岡山県の果樹栽培振興の祖といわれた。自家製殺虫剤「六液」でも知られる。大正13年7月1日死去。64歳。備前(岡山県)出身。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

朝日日本歴史人物事典の解説

小山益太

没年:大正13.7.1(1924)
生年:文久1.9.12(1861.10.15)
明治大正期の果樹園芸家。備前国(岡山県)磐梨郡稗田村生まれ。漢学を学び,のち赤磐郡書記を勤めたが,辞して果樹栽培に従事。桃,梨などの品種の改良や剪定法,袋掛けや殺虫剤による害虫駆除の方法を工夫し,栽培技術を開発した。ことに,発明した「六液」という除虫菊の石油浸出法による石油乳剤はひろく使用された。また果実の販路の拡大に努めるなど,岡山県の果樹園芸振興に貢献した。晩年に大原奨農会に招聘され,設けられた果樹園の経営に当たったが,死後,その果樹園は益太の号をとって楽山園と称された。<参考文献>『改修赤磐郡』

(神立春樹)

出典 朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版朝日日本歴史人物事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

夏至

二十四節気の一つであるが,二至 (夏至,冬至) ,二分 (春分,秋分) の四季の中央におかれた中気。夏至は太陰太陽暦の5月中 (5月の後半) のことで,太陽の黄経が 90°に達した日 (太陽暦の6月 ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android