小島崎(読み)こじまがさき

精選版 日本国語大辞典「小島崎」の解説

こじま‐が‐さき【小島崎】

京都府宇治市、宇治川にかかる宇治橋の下流の州崎。寿永三年(一一八四佐々木高綱梶原景季が先陣争いをして、宇治川を横断したところ。
平家(13C前)九「五百余騎ひしひしとくつばみをならぶるところに、平等院の丑寅の小嶋が崎より武者二騎ひっかけひっかけ」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報