コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

佐々木高綱 ささきたかつな

7件 の用語解説(佐々木高綱の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

佐々木高綱
ささきたかつな

[生]?
[没]建保2(1214).11.6.
鎌倉時代初期の武将。秀義の4子,母は源為義の娘。四郎と称した。治承4 (1180) 年の源頼朝の挙兵に加わり,寿永3 (84) 年1月,源範頼,義経とともに木曾義仲討伐の宇治川の戦いに従軍した。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

ささき‐たかつな【佐々木高綱】

[?~1214]鎌倉初期の武将。源頼朝の家臣。宇治川の合戦で名馬生唼(いけずき)に乗り梶原景季(かじわらかげすえ)と先陣を争って名をあげた。のち、賞の薄いのを恨み出家。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

佐々木高綱【ささきたかつな】

鎌倉初期の武将。秀義の四男。号は西入。源頼朝挙兵の初めから従って各地に転戦し,功を立てた。特に宇治川の戦での梶原景季(かげすえ)との先陣争いは有名。のち長門,備前の守護となったが,1195年家督を子重綱に譲って高野山に入った。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

佐々木高綱 ささき-たかつな

?-1214 平安後期-鎌倉時代の武将。
佐々木秀義の4男。源頼朝の挙兵に兄定綱とともに参加し,各地に転戦。寿永3年(1184)梶原景季(かげすえ)と宇治川で先陣争いをした話は有名。左衛門尉(じょう)に任ぜられ,長門(ながと)(山口県)守護となる。東大寺の再建につくし,建久6年高野山で出家。親鸞(しんらん)の弟子となって名を了智といったともいう。建保(けんぽ)2年11月死去。近江(おうみ)(滋賀県)出身。通称は四郎。法名は西入。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

世界大百科事典 第2版の解説

ささきたかつな【佐々木高綱】

?‐1214(建保2)
平安末・鎌倉初期の武将。四郎と称する。近江源氏佐々木秀義の四男。1180年(治承4)源頼朝の挙兵にあたり,兄定綱らとともに参加。以後各地を転戦,梶原景季と宇治川の先陣を争った話は有名。戦功により左衛門尉に任じ,86年(文治2)長門守護となる。東大寺の再建に尽力,また95年(建久6)家督を子の重綱に譲り遁世して高野山に入り,蓮華三昧院を建立した。【高橋 昌明】

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

ささきたかつな【佐々木高綱】

?~1214) 鎌倉初期の武将。定綱の弟。四郎と称す。源頼朝の臣。宇治川の合戦では、駿馬生唼いけずきに乗って梶原景季かげすえと先陣を争って勝った。のち出家して、信竜坊・西入などと号した。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

佐々木高綱
ささきたかつな
(?―1214)

鎌倉初期の武将。秀義(ひでよし)の四男。定綱(さだつな)の弟。平治(へいじ)の乱(1159)後、父や兄と別れて京都に住したが、1180年(治承4)源頼朝(よりとも)の挙兵を聞いて馳(は)せ参じ、諸所に転戦して戦功をたてた。とくに84年(元暦1)源義経(よしつね)の木曽義仲(きそよしなか)追討軍に加わり、頼朝から与えられた名馬生(いけずき)(生食、池月)に乗って、磨墨(するすみ)に乗った梶原景季(かじわらかげすえ)と宇治川で先陣を争った話は名高い。その後、義経に従って平氏追討に四国に赴き、戦功によって長門(ながと)(山口県)の守護に補せられ、左衛門尉(さえもんのじょう)に任ぜられたが、95年(建久6)家を子重綱(しげつな)に譲って高野山(こうやさん)に入り、西入(さいにゅう)と号した。その後の事跡は不明。[新田英治]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の佐々木高綱の言及

【宇治川】より

…評定も終わって畠山勢が渡河を始めたとき,平等院の対岸から並んで川に乗り入れた2騎があった。頼朝下賜の生食(いけずき)に乗った佐々木高綱と,同じく摺墨(するすみ)に乗った梶原源太(景季)である。先行の梶原が,〈馬の腹帯が伸びている〉という佐々木の注意で締め直しているすきに,佐々木が駆け抜けた(〈拾イ〉)。…

【備前国】より

…そのため備前の名族の多くは平氏の没落に殉じ,代わりに大量の関東御家人が勲功の賞として地頭職を与えられて入部してきた。守護は一ノ谷の戦後に土肥実平が備前,備中,備後3ヵ国を兼帯したが,その後,藤戸合戦の勲功で児島に地頭職を得た近江の佐々木高綱が備前守護となった。のちに一時期,幕府吏僚の長井泰重(大江広元の孫,六波羅評定衆)に代わったが,鎌倉末期には守護は佐々木(加地)氏に復していた。…

※「佐々木高綱」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

佐々木高綱の関連キーワード岡部忠澄佐々木義清俊海薗田成重藤原盛景本田次郎前野重純正恒(2)毛呂季光頼円(2)

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

佐々木高綱の関連情報